本文へスキップ

全日本学生競技ダンス連盟

学生競技ダンスの歴史CONCEP


全日本学生競技ダンスの歴史 1948年〜

委員長・理事名 歴史事項
1948年 不明 関東八大学主将連絡会議始まる。
(東京大学、慶應義塾大学、早稲田大学、明治大学、法政大学、立教大学、工学院大学、日本大学)
1949年 不明 日本学生舞踏連盟創立
初代会長に東大教授(当時)故星野昌一先生が就任
学生ダンス基本5原則制定
第1回関東学生舞踏選手権大会(関東大学戦)
初の学生主催競技会(品川のパラマウント舞踏場)
慶応義塾大学、立教大学、早稲田大学、千葉大学、明治大学、東京大学の順位)
1950年 不明
1951年 不明
1952年 不明
1953年 不明
1954年 不明
1955年 不明 第1回東京六大学舞踏選手権大会(新橋フロリダ)
(出場者数:ワルツ10組、タンゴ15組)12月17日
1956年 不明 第1回全日本学生舞踏選手権大会(産経国際ホール)
第1回関西学生舞踏連盟主催競技会開催
1957年 不明 第4回春の東京六大学戦でF、Qが加えられモダン4種目となる
第5回秋の東京六大学戦から競技会の運営全てを学生の手で行う
1958年 榎本助一郎(法政) 全日本学生舞踏競技連盟発足
第1回東都大学学生舞踏選手権大会(工学院大ホール)
1959年 不明 関東学生舞踏選手権大会終了
1960年 不明
1961年 不明
1962年 小林一夫(東大) 日本学生舞踏連盟発足
(関東八大学主将連絡会議終わる。連盟再発足)
第1回全日本学生舞踏新人戦(新宿四谷公会堂)(今のモダ新)
第1回東明新ダンスフェスティバル(新潟大学)東大、明大、新大
第1回明法立三大学対抗舞踏競技会(明治、法政、立教)
1963年 三木一郎(早大) 第1回全日本学生選抜舞踏選手権大会
(1〜3回まで都知事杯争奪学生舞踏選手権大会)
連盟リーダースキャンプ始まる
連盟アマチュア規定決まる
第17回秋の東京六大学戦からフルメンバー出場が実現した
同、フォーメーションダンス、優勝者デモも取り入れられた
1964年 澄川洋甫(明大) 全日本学連、アマチュア規定施行(10月)
競技会運営確立
1965年 上田 徹(東大) 第1回全日本学生舞踏連盟大総会(工学院大学)(現在のオリエンテーション)
(以上委員長) 女子部発足
東部日本学生舞踏連盟発足
第1回東部日本学生舞踏連盟大総会(東京文化大学)4月29日
東部学連に女子部会発足
第1回学年別舞踏対抗戦
全九州学生舞踏連盟発足
関西学生舞踏連盟発足
名古屋(現中部)学生舞踏連盟発足
1966年 高橋直人(早大) 全日本学生舞踏連盟新生スタート
(以下理事長) 東部日本、西部日本、全九州各学連加盟
全日本学生舞踏連盟会長に東京大学教授星野昌一先生就任
西部日本学生舞踏連盟発足
第1回東部日本学生舞踏ラテン戦
第1回国公立戦
第1回東西対抗学生舞踏選手権大会
1967年 俵 徹太郎(早大)  全日本学生舞踏連盟会長に早稲田大学教授伊藤安二先生就任
第1回東部日本学生舞踏選手権大会(後楽園ホール)
(前年全日本順位奇数A、偶数Bブロックの2試合で縦割り制)
(フォーメーションはオープン競技でスタート)
東部学連に小委員会発足
第1回西部日本学生舞踏選手権大会(春、名古屋)
1968年 三輪正昇(早大) 全北海道学生舞踏連盟が発足、全日本に加盟
東部学連理事OB会発足
東部連盟機関誌「東舞」創刊
1969年 加藤 武(慶大) 全日本学連、パートナー規定施行
第4回東部日本戦からフォーメーションは正式種目
東部学連、スタジオ解禁1年秋新人戦以降からと規定
第1回獨協大学招待アマノカップ
1970年 原藤輝男(早大) 第6回東部日本戦でA、Bブロックを一体化(横割制)
現在の様に春は全校戦で1部、2部選出方式、秋は1、2部戦
東部学連、新人戦に規定フィガーを採用
第1回東部日本学年別対抗戦に初めてOB審査を導入する
1971年 吉田真治(早大) 全東北学生舞踏連盟が発足、全日本に加盟
第1回東部日本学生舞踏ラテン2種目戦(規定フィガー採用)
第32回春の東京六大学戦からフォーメーションを正式種目に採用
第1回日本大学招待桜門舞踏選手権大会
1972年 秋葉 悟(明大) 第17回全日本戦からルンバ、チャチャがオープン種目
同、1種目1カップルのエントリーになる
東部日本学生舞踏連盟OB会発足
第1回東京六大学Jr舞踏選手権大会
1973年 菜花則夫(日大) 東部日本学連、連盟OB会審判部のOB審査を各競技会に導入
第1回東部日本学生競技ダンスラテン新人戦(前ラテン2種目戦)(工学院大学八王子)11月23日(祝)
第13回秋の東部日本戦からルンバ、チャチャがオープン種目
東部日本学連、女子部会独立
第37回秋の東京六大学戦からルンバ、チャチャがオープン種目
1974年 河合憲昭(慶大)  東部日本学連、ルンバ、チャチャを正式種目に採用
第14回春の東部日本戦からルンバ、チャチャが正式種目
東部学連、スタジオ解禁1年秋新人戦以降から2年春新人戦以降へ
第1回東京六大学競技ダンスJr選手権大会
第1回松前重義杯争奪学生舞踏大会
1975年 国保恵昭(慶大) 全日本学生舞踏連盟に中国支部と四国支部が出来る
全日本学生舞踏連盟機関誌「翆嵐」創刊
第13回全日本選抜戦から東部戦の18位までが出場権獲得
第40回春の東京六大学戦からルンバ、チャチャを正式種目に採用
第1回七帝対抗舞踏選手権大会(東京女子短大)11月3
1976年 秋山卓美(慶大) 西部日本学連から名古屋地区が独立、中部日本学生舞踏連盟に
西部日本は関西学生舞踏連盟に改称、中部日本は全日本に加盟
1977年 西村 哲夫(慶大) JADA(日本アマチュアダス協会)誕生
学連も構成団体の一員となる
1978年 坂本 武夫(慶大)
1979年 前田 弁三(慶大) 第1回東部日本学生舞踏ジュニア選手権大会
(春季学生舞踏新人戦と学年別戦を統合)
第35回モダ新から年1回秋開催
第1回ツバメ杯争奪競技ダンス選手権大会(東京工業大学招待戦)
1980年 足立 充弘(慶大) 第1回明法立三大学競技ダンス大会、再スタート(明治、法政、立教)
1981年 岡 穀一郎(慶大) 全日本学連、ルンバ、チャチャチャを正式種目に採用
(第19回全日本選抜戦、第26回全日本戦)
競技会にビデオ撮影をする大学が増える
1982年 鈴木 直(慶大) 第1回白門競技ダンス選手権大会(中央大学招待戦)
舞研ロゴの入ったトレーナーが流行る
1983年 不明 全日本学生舞踏連盟会長に慶応義塾大学教授(当時)人見康子先生
同名誉会長に早稲田大学名誉教授(当時)伊藤安二先生が就任
第28回全日本戦がテレビ東京で放映される
第56回春の東京六大学戦からサンバをオープン種目に採用
1984年 山野久生(早大) 全日本学生舞踏連盟から全日本学生競技ダンス連盟に改称
連盟主催、後援試合も舞踏選手権から競技ダンス選手権に改称(例:東京六大学競技ダンス選手権大会)
第29回全日本戦がフルバンド演奏からレコードに変わる
第35回秋の東部日本1部戦からサンバがオープン種目
第59回秋の東京六大学戦からラテン種目のサンバを正式種目
1985年 鳥之海三郎(明学) 第23回全日本選抜戦からサンバがオープン種目
第30回全日本戦からサンバがオープン種目
東部日本学連、ラテン種目のサンバを正式種目に採用
第37回秋の東部日本1部戦からサンバが正式種目
第1回レインボーカップ(明治大学招待戦)
1986年 松坂道夫(慶大) 第24回全日本選抜戦で京都大学が優勝(初めて優勝カップが箱根の関所から西に渡る)
第31回全日本戦で京都大学が優勝(初めて優勝カップが箱根の関所から西に渡る)
1987年 高橋秀尚(立大) オックスフォード大学ボールルームダンスクラブの8選手来日。
大学及び競技会(全日本選抜戦)で日英親善を深める
ラテン用学生服出現(いわゆる短ラン)
1988年 葛西紀夫(立大) 東京六大学の5カップル、イギリスを訪問
各地で日英親善を深める(3月)
第67回秋の東京六大学戦、燕尾服、キャットスーツ着用で挙行
1989年 中久木哲弥(慶大) 全日本選抜戦が初めて関西(神戸市中央体育館)で開催される
以後関東、関西交互に開催
1990年 大北泰弘(東洋大) 全日本学連、サンバを正式種目に採用(第28回全日本選抜戦、第35回全日本戦)
春の六大学戦より応援者の服装が学生服からスーツに変わる
1991年 中村幸則(慶大) 全日本学連、ラテン男子のコスチューム改革
白シャツに黒ズボンとして正式採用
学生ダンスの基本5原則が「学生服の着用」がとれて4原則となる
東明新30周年記念大会(新潟市)
1992年 堀越 司(一橋大) 全日本学生舞踏連盟会長に東京大学助教授(現教授)浦環先生就任
同名誉会長に慶応義塾大学教授(当時)人見康子先生就任
全日本学連、競技会にフロアパネルを導入
第70回秋の東京六大学戦でパソドブレ・エクシビション
第5回レインボーカップで横浜市中区老人会にダンスの講習会
1993年 英 真輝(慶大) 『大学入学後4年間』の連盟員規定を『入部後4年間』に変更
第38回全日本戦からパソドブレがオープン種目
第52回春の東部日本戦からパソドブレがオープン種目
1994年 一沢秀雄(法大) 東部日本学連、ラテン種目のパソドブレを正式種目に採用
第16回東部ジュニア戦からJrの部の成績も団体成績に加算
第78回春の東京六大学戦から燕尾服を正式採用
同    パソドブレを正式種目に採用
1995年 高木有生(東大) 秋の東部戦パンフで学連会長の浦先生がインターネット活用を提言
日本学連、パソドブレを正式種目に採用
加盟大学のホームページがインターネット上にオープン
IDSFがIOCの準加盟団体として認可される
1996年 川嶋淳司(東大) 全日本学連、燕尾服を正式採用
東部日本学連、燕尾服を正式採用
第58回春の東部日本戦からパソドブレを正式種目に採用
第1回東京六大学学生競技ダンス新人戦
1997年 岡崎博行(慶大) 慶応をはじめ複数の大学で50周年記念パーティーが開催される
IDSFがIOCの正式加盟団体として認可される
1998年 滝澤英治(東大) 全日本学連創立50周年パーティー・12/13大森ベルポート
東部日本学連秋の招待試合より男子ラテンに黒シャツ正式採用
東部日本学連シャドーパートナーのアマチュア戦出場可能となる
1999年 津村光春(慶大) 春の全日本選抜戦より男子ラテンに黒シャツ正式採用
東部日本学連春のレギュラー戦より男子ラテンに黒シャツ正式採用
JADAが新名称 日本ダンススポーツ連盟・JDSF になる(2/7)
JDSFは、(財)日本体育協会より準加盟団体承認(6/22)
2000年 辰巳泰英(慶大)
2001年 山ア雅光(東海大)
2002年 不明
2003年 田中太朗(獨協大)
2004年 池田翔(一橋大) 全日本学連、フォーメーションに燕尾服を正式採用
2005年 釘貫義久(大東大)
2006年 神林健(都立大) 全日本戦(夏)にシャドーカップル出場可能になる
2007年 安武 寛之(東工) 全日本戦(冬)にシャドーカップルが出場可能になる
ラテシャツ規定の変更
2008年 岸 英明(千葉)
2009年 山崎 啓(上智)
2010年 中根 大幾(青山)
2011年 秋元 達哉(獨協)
2012年 青木 智彦(一橋)   
 2013年  安井 敏高 (一橋)   ラテシャツ規定の変更